トカゲ、ヘビについて

Q.原皮はどのような状態で輸入されるのですか?

A.トカゲ、ヘビは乾皮と呼ばれる皮を乾燥させたものが、多く輸入されています。国によってはクラストにされたもののみが輸出されている場合もあります。

一番上へ戻る▲

Q.トカゲ、ヘビ革の表面の鱗模様を含めた部位特性を教えて下さい。1枚の内、表面の鱗模様は、どの部分がよいのか、強度特性、加工特性などは違いがあるのでしょうか。また、加工時の裁断歩どまりはどの程度でしょうか。

A.トカゲ革、ヘビ革共にBelly Cutのものは背部、Back Cutのものは腹部にそれぞれの特徴があります。トカげ革の特徴は、米粒状の鱗が品良く美麗に揃っているところです。
ヘビ革は種類により異なりますが、斑紋の模様の特徴とだ円形の鱗が連続し、その天然のバランスに美しさがあります。
トカゲ革は、バッグ類の場合、顎、尾の部分は主として底、マチ等に使われます。
加工時の裁断歩どまりは裁断する商品や革のサイズによります。

一番上へ戻る▲

Q.トカゲ、ヘビ革をジョギングシューズの一部に取り入れたいのですが、どんな注意が必要でしょうか。

A.トカゲ革、ヘビ革共に厚度が薄いため、引き裂き強度の点では問題があります。
加工時にキッド等の薄い革と同じ様に裏打ちによる強度補強が必要です。

一番上へ戻る▲



HOME
 | お知らせ | 組合概要 | 加盟会社 | 登録申請 | 皮革の種類 | 皮革の知識 | 爬虫類Q&A

Copyright 2005- JAPAN REPTILE LEATHER INDUSTRIES ASSOCIATION. All Rights Reserved.
counter