鮫;シャークスキン

現存するサメの種類は、12目21科74属で370種を超えます。
全世界の熱帯、温帯および極域の浅い海から深海まで分布しており、日本の近海にも100を超える種類が生息しています。
大きさは、成魚で全長50センチ位のものから、13メートル位まであり、体重は、200グラムから12トンの大物まで様々です。
水産資源としてのサメは、肉、鰭(ひれ)、深海鮫の肝臓からビタミンAなど薬品や化粧品の原料に、皮は、楯鱗(じゅんりん)と呼ばれる鱗を、サンドペーパーがわりのヤスリや、わさびのおろし金、また鞣して皮革製品に、有効利用されます。
370種を超えるサメの中で、革として利用出来るものは、約20種です。
サメの皮は、鮫肌の所以(ゆえん)である、リン酸カルシウムからなる楯鱗(じゅんりん)という硬い表皮があります。この表皮を塩酸で脱鱗処理後、鞣します。
日本近海で漁獲されるサメには以下のものがあり、革として使用されるものは主にヨシキリザメです。
サメ革の表面の特徴は、頭部から尾部に向け、細かい連続した網目状に凹凸があります。大型の種は、網目状の模様が大きくなります。

日本近海で漁獲される主な種類

ヨシキリザメ(一般和名); Blue Shark

学名:Prionace glauca

ヨゴレ(一般和名); Oceanic Whitetip Shark

学名:Carcharhinus longimanus

クロトガリザメ(一般和名); Shilky Shark

学名:Carcharhinus falciformis

アオザメ(一般和名); Softfin Mako

学名:Isurus oxyrinchus

染料染め仕上げ
塗料染め仕上げ

カリブ海、オーストラリア沿岸等熱帯、温帯に生息する大型のサメで
革として利用されている主な種類

ホホジロザメ(一般和名); グレートホワイトシャーク

商業名:Great White Shark
学名:Carcharodon carcharias

マンイーターとも呼ばれるホホジロザメは、体長7メートルに達するものもあり、海生哺乳類(アザラシ、イルカ等)を食すため、人間も襲うと言われています。

イタチザメ(一般和名); タイガーシャーク

商業名:Tiger Shark
学名:Galeocerdo cuvier

若いイタチザメの体には、銀白色の地に黒色帯があり、それが虎の斑紋に似ているため、その名がつけられましたが、この帯状模様は、成長すると消滅します。体長6メートルに達するものもあります。



HOME
 | お知らせ | 組合概要 | 加盟会社 | 登録申請 | 皮革の種類 | 皮革の知識 | 爬虫類Q&A

Copyright 2005- JAPAN REPTILE LEATHER INDUSTRIES ASSOCIATION. All Rights Reserved.
counter