ヘビ

個性的な斑紋や鱗模様を持つヘビ革は、皮革ファッションには欠かせない素材のひとつです。ヘビは地球上に、11科417属2389種存在すると言われています。
ワニ、トカゲ等に比べて、ワシントン条約上、取引可能な種は数多くありますが、ここでは、革製品用として利用されている、代表的なものを取り上げてみます。

ヘビを含む爬虫類には、独自の鱗のほかにその種独特の斑紋・模様を持っています。種によって斑紋を活かしたり、需要により斑紋を薬品処理で脱色する仕上げがあります。

アミメニシキヘビ(一般和名); ダイヤモンドパイソン

商業名:Reticulated Python
学名:Python reticulatus

全身にダイヤ型の連続的な斑紋・模様があるところから、ダイヤモンドパイソンと呼ばれています。皮質の丈夫さや、大きさの点では利用度も高く、他の皮革には見られない美しさと、ワイルド感があります。この種の最大のものは、体長10メートルもあります。
トカゲと同様に、背中を活かしたBelly Cut Type と、腹部を活かしたBack Cut Type があり、バッグ類、靴、ベルト等に幅広く利用されています。
生息地は、タイ、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、マレー半島、インドネシア、フィリピン、中国南部等、アジアの熱帯地方に広く分布しています。

ダイヤモンドパイソン
Python reticulatus
ベリーカット
グレージング仕上げ
ベリーカット
マット仕上げ
バックカット
マット仕上げ

ビルマニシキヘビ(一般和名); モラレスパイソン

商業名:Molurus Python
学名:Python molurus

全身に不規則な図形模様があり、その個性的な斑紋模様が、ファッション界で人気を得ています。
皮質の丈夫さ、サイズが大きいなどの利点もあり、アミメニシキヘビ(ダイヤモンドパイソン)と共に、ヘビ革の主力として、幅広く各種製品に使用されています。 沖縄の蛇皮線は、この皮が使用されています。
一般的に雌の方が雄より大きく、最大では7メートルに達したものもいます。
生息地として、インド、ミャンマー、タイ、ボルネオ島、ジャワ島、スンバワ島、セレベス島、中国南部等の熱帯地方があげられます。

モラレスパイソン
Python molurus

ベリーカット
グレージング仕上げ
ベリーカット
マット仕上げ
バックカット
マット仕上げ

ヒイロニシキヘビ(一般和名); レッドパイソン(商業名)

商業名:Red Python or Short-tailed Python
学名:Python curtus

この種の特徴としては、尾部が短く胴が太い体型をしており、身体全体が赤味を帯びているところから、緋色錦蛇と呼ばれています。
背中を割いて、腹部の特徴のある蛇腹を活かし、アメリカでは、カウボーイブーツ用に、日本ではソフトに鞣し、レディースバッグ等に使用されています。
他のニシキヘビよりも水辺を好み、生息地としては、マレー半島、スマトラ、ボルネオ島などがあげられます。

レッドパイソン
Python curtus

バックカット
マット仕上げ

アフリカニシキヘビ(一般和名); アフリカパイソン

商業名:African Python
学名:Python sebae

アフリカの代表的なニシキヘビです。インドニシキヘビ(モラレスパイソン)に似た斑紋模様があり、最大のものは、7〜8メートルにも達し、平均でも3.5〜4.5メートルの体長を持つ大型のヘビです。
砂漠の様な乾燥地帯を除く、アフリカ大陸全般に広く生息しています。

アナコンダ(一般和名); アナコンダ

商業名:Anaconda
学名:Eunectes murinus

南米に生息する、最大級のヘビです。その大きさは、東南アジア産のアミメニシキヘビ(ダイヤモンドパイソン)と並び、オリーブ色に近い緑色の地に、黒く大きな水玉様の斑紋が、頭部から尾部にかけて連続しています。
個性を主張する製品類には、魅力のある素材のひとつです。
アンデス山脈の東から、アマゾン川、オリノコ川の流域一帯、ギアナに至り、北はトリニダドにまで広く分布していますが、最近南米では、森林開発が進み、その影響から生息数の減少がにられます。

ボアコンストリクター(一般和名); ボア

商業名:Boa Constrictor
学名:Boa constrictor

アナコンダに似た特徴を持ち、大きさは平均して2〜3メートル以内です。最大のものは、5メートルに達したものもあります。
メキシコ湾沿岸から中米を経て、南米のパラグアイ、アルゼンチン北部にいたるまで広く分布しています。

キングコブラ(一般和名); コブラ

商業名:Cobra Snake
学名:Ophiophagus hannah

東南アジアの熱帯地方のジャングルの中の川の流域近くや、ひらけた平地に棲んでいます。
大きさも平均4メートル以上に達し、独特の鱗模様が、珍重されています。
インド、ミャンマー、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、マレー半島、中国南部等に生息しています。

その他のヘビ類

ナンジャ(一般和名); ウイップスネーク

商業名: Whip Snake
学名:Ptyas mucosus

ウイップスネーク
Ptyas mucosus

ベリーカット
グレージング仕上げ

(2)ヤスリミズヘビ(一般和名); カロング

商業名:Karung Snake
学名:Acrochordus javanicus

カロング
Acrochordus javanicus

ベリーカット
グレージング仕上げ

エラブウミヘビ(一般和名); エラブ

Sea Snake(商業名)
学名:Laticauda semifasciata

ナンジャ(ウイップスネーク)は陸上、ヤスリミズヘビ(カロング)は淡水、エラブウミヘビ(エラブ)は、海水に生息しています。
これらのヘビ類は、小サイズです。それぞれ鱗模様に変化があり、皮革製品のワンポイント使用に、効果があります。



HOME
 | お知らせ | 組合概要 | 加盟会社 | 登録申請 | 皮革の種類 | 皮革の知識 | 爬虫類Q&A

Copyright 2005- JAPAN REPTILE LEATHER INDUSTRIES ASSOCIATION. All Rights Reserved.
counter