エレファント

現存する象の種は、1科2属2種で、アジアゾウ:(学名)Elephas maximusはワシントン条約付属書 II にリストされており学術用以外は取引出来ません。

アフリカゾウの中で、ジンバブエ、ボツワナ、ナミビア、南アフリカ産のアフリカゾウは、付属書Uにリストされています。

商業目的での取引については、皮・革はボツワナ、ナミビア、南アフリカ産の輸出入、及びジンバブエ産の日本への直接輸入は可能です。革製品は、ナミビア、南アフリカ産の輸出入は可能です。ボツワナ産は、ボツアナを原産とするアフリカ象革製品は日本へ輸入することは出来ませんが、ボツワナから第三国へ皮・革が輸出され、そこで商品化されたものは可能です。しかしジンバブエで生産されたアフリカ象の革は第三国へ輸出して製品化されたとしても商業目的で日本へ輸入することは出来ません。

アジアゾウ(一般和名)

学名:Elephas maximus

インド、ミャンマー、タイ、マレー半島、スマトラ、スリランカ等に分布しています。
ワシントン条約上付属書Tにリストされ、商業取引は出来ません。

アフリカゾウ(一般和名); エレファント

商業名:African Elephant
学名:Loxodonta africana

サハラ砂漠以南のアフリカに分布しています。森林、深いブッシュ、渓谷、サバンナ、砂漠地帯の雑木林等に生息しています。群居性、食性はアジアゾウに似ていますが葉食性が強く、木の葉や小枝を大量に食べます。アフリカゾウは、身体が大きいため、皮として利用するには、頭部から鼻、耳、ボディ等の部位に切り分けられます。

革としての特徴は、厚く丈夫です。革の表面は、鼻、耳、ボディ、それぞれの部位に特有の大きなヒダ、シワがあり、細かい粒状に隆起した銀面は、象のみが持つ自然の妙です。仕上げは、光沢のあるもの、マット仕上げのものがあります。

ボディ


HOME
 | お知らせ | 組合概要 | 加盟会社 | 登録申請 | 皮革の種類 | 皮革の知識 | 爬虫類Q&A

Copyright 2005- JAPAN REPTILE LEATHER INDUSTRIES ASSOCIATION. All Rights Reserved.
counter