皮革製品のお手入れ法

皮革製品の適切な手入れや保管は、購入したときに備わっている機能、風合い、美しさなどを、使用に伴う汚れや劣化から守り、あるいは回復させ、できるだけ長く保つために行うものです。その方法は素材である革の損傷を最小限にするものでなければなりません。 そのためには、革やその取扱い方法についての基本的な知識も必要です。

革について

製品に使用されている革は、天然素材の特性を生かし、自然な感じを損なわない様仕上げられています。 このため、完全な色止め加工を施しておりませんので、水に濡れたり、日光にさらされたりしますと、色落ち、変退色により、風合いが変わることがあります。

かわいらしい革ほど色落ち

もっとも自然な、かわいらしさを生かした仕上げの革に、色落ちというアクシデントが多くあります。消費者からの苦情の中でも、いちばん多い問題です。革は耐水性が低く、繊維製品のように高温での染色が製革工程上できないことが要因です。かわいらしい革ほど、色落ちしやすい特性があることを知って、例えば濃い色の製品使用の際には、薄い色の衣服を避けるといった注意が必要です。

カビは生やさない

問い合わせの中で「カビを生やしてしまいました。取る方法を教えてください。」との答えにいちばん困ります。カビは発生してからでは手遅れです。ブラシや布で拭き取ろうとしても、菌の根が革の組織に深く入り込み、跡が残ってきれいになりません。
カビは発生を防ぐことが大切です。汚れや高温、多湿の要素が揃うと繁殖が盛んになりますから、風通しのよい涼しい場所に保管しておきましょう。 また、光による変退色を防ぐために直接日光や照明があたらないようにしてください。

オーストリッチ革製品の場合

定期的に一般の皮革用防水スプレーをかけておくと、汚れや水から製品を守り便利です。

水に濡れた場合

革は本質的に水を嫌います。
ハンドバッグ、靴などの革製品を濡らした時は、できるだけ早く、乾いた布やティッシュペーパーなどで水分をふきとります。そして製品の形を整え、吸水性のある紙類をつめて陰干しをして下さい。
この処理が遅れた場合や水濡れの程度のひどい場合、汗などの付着によるグレージング仕上げの革の光沢落ちは、残念ですが復元不可能です。マット仕上げの革の場合は、上記の処理で大体元の状態に近く復元可能です。
また、ドライヤー、ストーブ、スチームアイロンなど高温での乾燥や、直射日光による乾燥方法は、革の繊維の収縮、変形、変質、変色につながり、復元が困難になりますので絶対に避けてください。

光沢のない素上げタイプ(マット仕上げ)の爬虫類皮革製品の場合

マット仕上げのものは、マット専用のクリーム(注)をご使用ください。少しの汚れは柔らかい消しゴムで軽くこすり、取り除くようにします。日頃からご使用後は、カラ拭きを習慣づけましょう。


休息と栄養補給を

どんなにお気に入りのバッグや靴であっても、時々休ませてあげてください。いくつかの製品を交互に使用すれば、傷みや型くずれも少なくなる結果として得をします。良質な皮革が使われているものほど、持つ人の心配りが大切です。
また、皮革にとっては油は栄養分です。専用のクリームで栄養補給をしましょう。表面にツヤ感を与え、しなやかさを保ち、老化を防ぎます。

光沢のある爬虫類皮革製品の場合

ワニ、トカゲ、ヘビ等の光沢のある仕上げをしたものは、革の表面にタンパク質バインダーを塗布し、メノウの玉で磨き上げてあります。カラ拭きでホコリや汚れを落としてから、市販の専用クリーム(注)を少量ぬり、柔らかい布で丁寧に磨いてください。ツヤ感を保ちます。

注意点

お手入れ方法は、それぞれの革の仕上げ方法により異なります。その仕上げに適したお手入れ方法や、専用のクリームを使用する場合のクリームの種類については、製品を購入した販売店、あるいは製品納入業者、製造業者等に必ず確かめるようにしてください。

イラスト: 鄭 貞子



HOME
 | お知らせ | 組合概要 | 加盟会社 | 登録申請 | 皮革の種類 | 皮革の知識 | 爬虫類Q&A

Copyright 2005- JAPAN REPTILE LEATHER INDUSTRIES ASSOCIATION. All Rights Reserved.
counter